月別アーカイブ

 2005年12月 

スポンサーサイト 

スポンサー広告 | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

読書3 

雑記 | TOP ▲

hanntouwodeyo
春からずっと読みたいと思っていたのだけど、
2冊で4000円の値段と古本屋でも見かけなかったため、
なかなか読むことが出来ませんでした。
でも「今年最高の話題作」等の記事をよく目にしたので、
今年のうちに読んでおこうかなと、思い切って買いました。

感想としては、素直に面白い。と感じました。
でも上下巻読みきるのは、それなりの気力が必要かもしれません。
僕は村上龍ファンなのでさほど苦ではなかったけど、それでもやはり上巻を読みきるのには時間がかかりました。
まず登場人物が多く、北朝鮮の軍人はみな片仮名で名前が似ているし、イシハラグループのメンバーも片仮名で、それぞれ個性の強いキャラクターが設定されているわけでもないので、
登場人物が判らなくなるたびに、巻頭の登場人物紹介を読み返しました。
また、上巻では日本の現状やそれに至った経緯、北朝鮮の文化・政治・軍事態勢、などなどの説明が度々登場するので、何度か読み直して理解するのが大変でした。
しかしそれ以上に学ぶことが多く、僕が北朝鮮にもっていた漠然としたイメージは間違ったものだったということに気付かされました。
舞台はちょっと未来の日本だけど、現代の日本の政府・社会システムが持つ問題点とそうなってしまった時代的背景、そして東アジアにおける日本の立ち位置を客観的かつ辛辣に述べられていてとても参考にになりました。
この小説はノンフィクションでは無いけれど、下巻巻末に見られるように膨大な資料から裏付けられた、ほぼ現代の世界を舞台にしていて、リアリティを感じる事ができました。

上巻に対し下巻は村上龍独特の疾走感が全開で、強力に惹きこまれ一気に読んでしまいました。
特に少年達の、侵入~脱出までのスピード感と緊迫感はたまりませんでした。
なぜ少年?
なぜ北朝鮮の侵略者に決起するのが少年なの?という疑問もあるけれど、
でも精神的転換期にある少年少女にしかできない事や達成できない事、彼らだけ理解できる事や逆にわからない事があるのだと思う。村上龍氏の作品に登場する少年少女はそんなことを感じさせてくれます。
「その後」の部分が少なくて、ちょっとあっけない感じの終わり方のように感じましたが、逆にあえて多くを語らないようにしたのかもしれません。
でも僕はもっとそれぞれの人物の「その後」が読みたいと思いました。

上巻P96に出てくるイシハラのセリフの多数派と少数派のくだりがとても印象に残っています。
また村上龍氏のもっとも伝えたいメッセージではないかと感じました。

スポンサーサイト



[2005/12/30 08:16] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

初心者講習会 

不思議 | TOP ▲

安全運転
去る12月23日運転免許の初心者講習会に行ってきました。
里見浩太郎や原田龍二らが出演するすごく気分の暗くなるビデオをみたり、
改正された道路交通法についての説明など受けてきました。

さて右の画像は講習会で配られた冊子の1つなんですが、
中には交通事故を起こしたときの刑罰とか
被害者に対する保障がどうとかという内容のことが書かれているんですけども・・・
P5~6
P5

boon


































ブッ、ブーン!!!?







思わぬVIPPERの出現に笑いをこらえるのが大変でした⊂二二二( ^ω^)二⊃



[2005/12/29 17:35] | 不思議 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

アドセンス導入 

雑記 | TOP ▲

ついに、手を出してしまいました。
アフィリエイト最大手Google AdSense
今日から、本格的に導入してみました。
各記事の1番下の所に3行程度の広告が出ていますね。
この、各エントリーの下のところにちょろっと付いたアドセンス広告が、
なぜかかっこよさげに見えて仕方なかったのです|∀・*)
アフィリエイトにも興味あったのですが、
それよりもなんとなくカッコイイ
この衝動に突き動かされた次第でありますw

このアドセンス
記事の内容やサイトの内容に的確な広告を自動で選出してくれるおりこうさんらしいです。
でも僕のエントリーに[豊胸手術の広告]が出ているのはどうしてなのでしょう。
さすがはGoogle先生といったところでしょうか。




[2005/12/27 18:08] | 雑記 | トラックバック(1) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

読書2 

雑記 | TOP ▲

korituitakaori

[突然死んでしまった恋人の事を、恋人の家やチェコまで行って、だんだんと知っていく物語です。
プラハ、東欧の青年、とチェロ、(あと空港の待合ベンチ)などそれだけで切なくなってくるもの、
と言えば浅い感想になりますが、しかしそれらがとても上手く、読んだ人の心に届くようなお話しです。]

僕の心には届かなかったようです。
あんまりおもしろくなかった。
なぜだかすごく泣きたかったので、泣けそうな本を探したのですが見当違いだったようで。



[2005/12/23 13:32] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

ラーメン二郎三田本店 

雑記 | TOP ▲

jiro
総評
ギトギトに脂っこい、コクのある醤油スープ。
そこからあふれんばかりの極々太麺。
ぶた。ヤサイ。ニンニク…
何が凄いかと言うと、この、全体のバランス。統一感です。
何一つ欠けてもいけないし、変わってもいけない。
そんなハーモニーを、これでもかと言うほど味わえる
ボリュームがまた凄い。
そして、二郎を語るのに外すことが出来ないのがその中毒性。
最初はただただ多かっただけの二郎が満足感に変わったら
最後。この満足感を満たしてくれるのは、世の中に二郎しか
ないのです。
これがあれだけ並んでまでも食べたくなる所以です。
(ラーメン二郎三田本店命より抜粋)

土曜日に友達のジロリアンである自称ミート氏に案内されて食べに行って来ました。
ならんでる間ずっと厨房の様子を観察しておりましたが、不衛生の一言に尽きる。といった感じでした。
スープを煮ている鍋は残飯かと。
まな板の横に敷いたチャーシューの汁が染み込んだ布巾を、
豪快にしぼってまたまな板の横に敷く店主。
食欲を削ぐような光景の中、一心不乱に麺をむさぼるジロリアン達。

1時間くらいならんでジロリアンであるミート氏に習ったとおり注文すると野菜もりもり油ギトギトのラーメンが出てきました。
麺はよくあるラーメンの麺とは違い、
中華料理に出てくるような中太のしっかりした麺でした。
刻みにんにくが強烈に食欲を刺激し、麺をすする手に拍車をかけます。
昨今のラーメンブームによって量産されているようなとんこつ醤油ベースのキレイなラーメンではなく、
まさに腹に溜まる「飯」といったラーメンでした。
食べた後のゲップが地元のラーメン屋さん大元のそれと似ていたため、
僕の中で[二郎=東京の大元]の黄金式が誕生しました。

ミート氏いわく、
初めて食べる人は十中八九「まずい」と言うらしく、
初めからうまいと言う人はよほどの変態らしいです。


「うーまーいーぞー!」(味王風に)


[2005/12/19 08:33] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲

パンダパンダ 

画像 | TOP ▲

pan2pan3pan1
萌え死ぬとはこのことかぁー!!







[2005/12/19 08:06] | 画像 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

靖国神社で逢いませう。 鳥肌実 

雑記 | TOP ▲

toriz
さる12月12日某氏と鳥肌実氏による時局講演会に行ってきました。
会場の九段会館はなかなか荘厳なたたずまいで、
これから始まる講演に対する期待感を盛り上げてくれました。
開始時間が近づくと会場は立ち見客が入るほどで、
鳥肌氏のカリスマ性をうかがい知る事ができました。

演説が始まり巨大な日の丸を背に国旗をひるがえしながら登場した鳥肌氏。
途中睡魔に襲われながらも2時間の演説を聞いた率直な感想は、
このスタイルでここまで来るのには色々と大変だったんだろうなと感じました。

右側な視点による、政治風刺・創価学会批判・下ネタを中心とした芸風で、本物の右側の方や本物の創価学会員の方々にしめられたりしないのかしらと素朴な疑問がわきました。

井脇ノブ子ネタ 郵政民営化ネタ 靖国神社参拝前に行ったソープの女の一言 
あたりがツボでした。

時折トリッキーな言動をするのですが、その辺はピクリともきませんでした。
でも女性客らには受けているようでした。

それを見て、
このキャラを確立するまでには多くの試行錯誤があり、
理想とする鳥肌実像はあったものの大衆に受け入れられるためにはもっとわかりやすく、キャッチーなネタもやらなければならなかったという理想と葛藤があったのだろう、
と勝手に妄想していました(´-`).。oO

個人的には、
トリッキーなネタをやめて、
シリアスなサイコ野郎キャラ(デーモン閣下&帝都大戦インスパイヤ)にし、
下ネタは控え目にここ一番でヘビーなヤツを投下、
言葉でまくし立てながらも「間」を有効にはさむ、
って感じにしたらもっとコアな客が増えると思いました。

最後の太鼓と映像は良かったけどね。
あと何気に体のしまりが良かったのが好感を持てました。

【貧乏不遇欲情空腹】


[2005/12/14 20:00] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

読書 

雑記 | TOP ▲

otuichi
昨日急遽三鷹まで行く用事が出来たのですが、
うちから三鷹までは約2時間、
往復で4時間かかるので本を探しに本屋さんへ

本の面白さを知ったのは大学に入ってからなので、
読んだ事のある作家は4人くらいしかいません。
もっといろんな人の本を読んでみようと今日はジャケ買いならぬカバー買いしてみました。

見るからに怪しげな表紙です。
中の鼻つまんでる人の目。目にやられました。

[乙一] もちろん知りませんでした( ´ー`)
兄貴とタメの将来を担うミステリー作家さんらしいです。
あと決め手は[幻冬舎]の本だったからです。

[エログロ電波サイコサスペンススリラー]

映画でも小説でも↑のようなジャンルのものが好きなのです。
[幻冬舎]には個人的に勝手にそんなイメージを持っています。

[暗いところで待ち合わせ]ですが、最初ホラーな感じのお話かなと思いながら読んでいたのですが、
読み終わってみると、なんだか心がじんわりあったかくなるようなお話でした。

あらましは、
家族と視力を失い世界との関わりを絶とうとする若い女の家に、殺人の容疑で警察に追われる、他人とうまく関係をきずくことのできない男が黙って勝手に身を隠す。
というものでした。

寂しく、お互いにどこか対人能力に欠陥のあるもの同士が奇妙なコミュニケーションを交わしながら互いの心に触れていく様子が、なんだかとても暖かく感じられました。

でも最後のくだりは無い方が良かったのではないだろうかと思ってしまいました。
個人的にはハートフルな話のまましめて欲しかったです。(。-ω-)

【乙一】


[2005/12/11 21:57] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

Firefox1.5とWindowsBlinds 

サイト | TOP ▲

firefox
僕のPCのIE(InternetExplorer)が病気になったのと同じころにFirefoxがリリースされて以来Firefoxを使っているのですが、最近バージョンアップしたとのことでさっそくインスコしてみた。

結果、('A`)な事に・・・
というのも、僕はPCのテーマとかデザインとかちょろちょろいじってるんですが、基本はWindowsクラッシックのテーマに背景は黒で文字は白の選択部分とゲージを蛍光グリーンな感じにしいの細かいところもチョコチョコと・・・かえていたわけです。
実際やってみるとわかるんですが、背景が黒いハイコントラストな画面でWebを閲覧するとものすごく見づらいのです。背景色まで設定されていないページが以外に多く、リンクやテキストが読みづらいのです。でもIEでは背景は黒のままでも、FirefoxではWeb閲覧は白い背景で出来てたんですよ。
かっこよくともクソ見づらいテーマにしていたのはFirefoxにまでそのテーマの設定が影響しなかったからなのです。
でも今日Ver1.5を入れてみたら、背景黒いじゃん・・・('A`)
オールインワンジェスチャー設定されて無いじゃん・・・('A`)

このままではまともにエロサイトも巡回できないので、泣く泣くお気に入りのテーマをデフォルトに戻すことに・・・
XPのテーマはとてもナンセンスなのでクラシックの方に戻しました。。。
( ;´・ω・`)ウーン、ダサス

デフォルトではダサすぎるのでテーマも変えようと思うも、テーマ変えるのメンドクサ~とサイト巡りしているといいサイトハケーン(・∀・)
【デスタ】
↑のサイトのスキン変更ソフトの[WindowsBlinds]コレ素晴らしすぎ(*´д`*)
普通テーマ・スキンの変更するにはなんかのファイルを一旦SDカードとかにバックアップとってから、セーフモードで再起動してアドミニストレイターで入って、さっきのファイルをなんかに書き換えるとか(超アバウト)しなきゃならんのですが、
コレなら[WindowsBlinds]をインスコして[デスタ]のスキンの中からお気に入りのを探してスキン適用をポチッと押すだけで終了。
僕のスキンはあまり気に入ってませんがVistaXPとかって言うVista風のにとりあえず変えといた。
僕はなんかアンチアップルなんで死んでもやりませんが、
WindowsでMac風にしよう!
とか特集組んでるので、リンゴフェチなWinユーザーはやってみてはどうでしょう"(((( ´,,_ゝ`))))

【MozillaJapan】

【ThemeXP】


【スキンぐらい好きにさせてくれよ!】


【XPカスマタイズ】


[2005/12/07 00:33] | サイト | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

マリオのくちひげって何割くらい鼻毛なんだろ? 

雑記 | TOP ▲

mario
今日なんとなく、右のもみあげと左のもみあげの架け橋となっていたひげを全部そってみました。
ひげ1本ないつるつるなアゴは約3年ぶりで、服に触れるたびに違和感がたまらないのです。
大学受験の面接があったのが3年前の10月だったはずなので、それ以来のつるアゴ。
うーん・・・これからは短めにしていこうかしら。
ついでに頭もぼーずにしたい

[ひげ]でググってみたところ、[ヒゲの雑学]なるサイトがありました。
ヒゲをたしなむものとして気になったことをざざっと引用


髭(シ)…くちヒゲ

髯(ゼン)…ほほヒゲ

鬚(シュ)…あごヒゲ

平均して1日に0.2mmから0.4mm伸びる。

一日のうちでいちばん伸びるのは朝方で、午前6時から10時ごろまで。

ヒゲは秋にもっともよく伸びる。


とまぁヒゲの豆知識がたくさんでした。
ちなみにヒゲは剃ったり抜いたりしても増えないみたいです。
剃るなどして皮膚に刺激を与え続けると一時的に体毛が濃く/太くなる事があるが、刺激を与えるのをやめるとすぐ元に戻るのと、カミソリでの刺激程度では効果はうすいみたいです。
僕のヒゲがホルモンによるものなのか、中学~高校時に皮膚に相当の刺激を与え続けていたことによるものなのかは知るよしもありません。

【ヒゲの雑学】


[2005/12/06 00:46] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。